» スポーツのブログ記事

第97回全国高校野球選手権大会神奈川大会4回戦
(7月20日、相模原0-3横浜、相模原球場)
ノーシードからの戦いを続ける横浜が、
春の県大会準Vのシード校、相模原に3ー0で勝ち、
5回戦に駒を進めた。

試合は全国区での人気を誇り、
名将・渡辺元智監督が今夏限りで勇退する横浜と、
相模原球場がお膝元の春の県大会準V・相模原の一戦とあり、
球場周辺は試合前からファンで埋め尽くされた。

最寄り駅のJR淵野辺駅からは球場まで臨時バスが運行されたが、
球場周辺の道路が大渋滞となり、
バスが時間どおりに運行せず駅前も一時は300人ほどでごった返した。

sws20150721a

sws20150721b

試合開始時間は午前11時だったが、
チケットを求めるファンの列が途切れず、
試合開始は予定より10分遅れとなった。

行列は試合開始後も途切れず午後12時半になって、
ようやく満員札止め。観衆は1万6000人と発表された。

横浜・渡辺監督は「お客さんが入っている中で、
どれだけ野球ができるか。メンタル面も含めて」と、
超満員の中での3-0勝利に手応えを感じていた。

敗れた相模原・佐相監督も
「力負けしたけど、大崩れしないチームに成長したと思う」
と熱戦を振り返っていた。

前日7月19日には、大阪大会で“事実上の決勝戦”
と言われた大阪桐蔭-履正社戦が行われた
舞洲ベースボールスタジアムに1万3000人が集結したが、
それを上回る動員数となった。

DeNAが製作した映画
「ダグアウトの向こう-今を生きるということ。」
が12月6日からロードショーになるようです。

sws20141203

今年で3作目!
前回はロッカールームで中畑監督が石川に2軍降格を通達するなど
リアル・ガチなシーンがファンの共感を呼びました。

当初は新宿、横浜、大阪、福岡など7都市だったが、名古屋が追加。
札幌での公開も検討しており、
全国にファンを広げるチャンスと球団は気合が入っている。

配給元でも、評判はいいし、
野球を知らない人でも共感できる内容で期待しています。
と評価もいいようです。

状況を見て上映館を増やしていければ。
と意欲満々といったところです!

全国の本物志向の映画ファンが待望の声を挙げた結果、
8都市9館での公開につながり、9都市目となる札幌での公開も交渉中。

あまり知られない野球界のガチな光景が
今回もリアルに見られそうですね。

 

東京箱根間往復大学駅伝の予選会(10月18日)
神奈川大がトップ通過を話しましたね。

予選会は、20キロのコースで行い各校12人までエントリー。
上位10人の合計タイム順に10校を選出する方式。

sws20141028

1997、98年の連覇をピークに最近は下降の一途、

2010年は予選落ちでしたから。
よくぞ立て直してくれました。

練習量を全盛期から3割ほど減らし、
こだわったのが「効率の良い走り」とか。

歩幅の大きな走法を取り入れ、
その上で個々が「足音を立てないように走る」
といった工夫を凝らしてきたそうです。

今回はメンバー全員、平均以上の走りをしたようです。
箱根でも期待がもてます。。。ガンバレ!