» 2015 » 6月のブログ記事

(2015年4月)ランニングやウォーキング、自転車など
戸外で運動する場合には、
車の排気ガスなど大気汚染が気になりますよね。

実際のところ大気汚染によって
早死にのリスクが増加するというデータもあります。

で、”Environmental Health Perspectives” 誌
に掲載されたコペンハーゲン大学の研究では、

大気汚染が懸念される都会であっても運動をしないよりは
する方が健康的だ・・・という結果があるようです。

人口が密集している地域を対象とした調査で、
運動をしない人よりもする人の方が
早死にすることが少ないという結果だったのです。

ただし研究者は、
なるべく車の少ない場所で運動することを勧めています。

■研究の方法
この研究では、コペンハーゲン(デンマークの首都)
またはオーフス(デンマークで2番目に大きな都市)
に住む50~65才の男女 52,061人の次のデータを分析:

1.スポーツ・歩行・自転車・庭仕事などの運動に関するデータ
2.死亡率のデータ
3.居住地域における交通由来の大気汚染(二酸化窒素)のデータ

■結果
13年間のデータ期間中に亡くなったのは 5,500人でした。
運動をしている人たちは、運動をしない人たちに比べて
死亡率が統計学的に有意に(約20%)低くなっていたそうです。

大気汚染が最もひどい地域(都心部や混雑する道路・高速道路の近く)
に住んでいる人たちであっても、
この有意性は失われていませんでした。

ただし、自転車と庭仕事により
低下していた呼吸器に起因する死亡率に関しては、
高レベルの大気汚染によって無効化されていました。

■結論
研究チームは次のように結論付けています。

「総死亡率(死因を問わない死亡率)、
心血管死亡率(心臓病や脳卒中による死亡率)、
糖尿病による死亡率が運動により有意に低下しており、
この運動の効果は、交通由来の大気汚染が
ひどい場合にも損なわれていなかった」

「一方、呼吸器による死亡率に関しては、
大気汚染がひどい地域では運動による死亡率低下の
効果が無効化されているようだった」

※「無効化(annul)」とは、
運動によるプラスと大気汚染によるマイナスで
差し引きゼロということなのでしょう。
呼吸器以外による死亡率が軒並み運動によって下がっているため、
トータルで言えば、大気汚染がある地域で戸外で運動するのも
健康にとってプラスになるという計算になります。

といった内容でした。

ざっくり、大気汚染があっても
運動しないよりはしたほうがよろしい。
ということになりましょうか。

運動する時間帯などに気を遣い、
なるべく交通量の少ない時を見計らって
運動したほうがいいでしょうね。

そして
運動で疲れたら、当院でケアしましょう。^^;

 

参考:大気汚染がある地域でも運動は健康にとってプラスになる
http://kenkounews.rotala-wallichii.com/air-pollution_exercise/

最近は急激なお天気に左右されるのか、
体調を崩す方も多ようです。

そこで大気圧と痛みの関係を調べてみました。

天気の大きな変化のため、
体の機能が追いつかずに起きる病気や、
持病の悪化を「気象病」と呼んでいます。

痛みが増す場合は「天気痛」とも呼ぶそうです。

梅雨、猛暑、雷、台風、
秋の気配へと気象が激しく動く季節は、
天気と健康の関係に注意が必要そうです。

専門医の話でも梅雨になると持病の頭痛が悪化するからと、
毎年この時期だけ頭痛の予防や治療薬をもらいに来る
患者さんも多いそうです。

温度、湿度、気圧など気象の変化に影響を受ける病気や症状は、
頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、ぜんそく、
じんましん、めまい、吐き気、心臓発作、脳出血、うつ病など、
かなり幅広いそうです。

特に気圧の変化が健康に大きな影響を与えるそうで、
エレベーターで急上昇すると気圧の変化で耳がおかしくなるように、
人体は目に見えないけど、常に気圧の変化に対応し続けているのです。

天気が崩れる前、低気圧が近付いてくる頃には、
頭痛が起きやすくなります。
これは気圧の低下で人体の押される力が減り、
血管が拡張しやすくなるからです。

 

sws20150620

耳の奥に、体のバランスをとっている内耳があり、
ここの「センサー細胞」が、
気圧の変化で不調になると、めまいが起き、
関節の膜や神経が刺激されると、関節痛や神経痛が
起こるそうです。

大半の人は、多少の混乱が起きても制御できる
体力を持っていますが、体力が十分でない方や、
痛みに敏感な患部を持つ人は気象病になりやすいそうです。
(2015年6月 読売新聞)